英語ゲーム日記
ひまつぶしに英語をマスターしたい、と考えるものぐさな人と、 ゲーム感覚で英語を学習したい、と考える殊勝な人のために。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ワード・ブレンドをもう一度
ワード・ブレンドという英語ゲームをもう一度やってみました。

以前の記事だと、わかりにくいのでもう一度、まとめてみます。

英単語の一部と一部をうまくつなげて、意味のある正しい英単語にする英語ゲームなんですね。

そういわれると簡単そうですが、ここを見てください。

ぱっと見ると、

絶対できそうにない!

という印象を受けませんか。

左側には、tr, sp, bl などの英単語の一部が縦に並んでいて

右側には、ack, ake, oonと、英単語の切れ端が並んでいます。

どんな風に組み合わせていいかまったく、何のことやらわからない...

そんな風に感じたら、右側の空欄部分にカーソルを持っていってください。

すると、一番右側のスペースにその英単語が示す絵が現れます。

この絵を見ると、何を左側から選択するべきかのヒントになります。

答えがわかったら、左側の英単語の切れ端をドラックして、

これだ、と思ったところにドロップしてください。

例えば、

uck には trを組み合わせて、truck

opには、shを組み合わせて、shop

といった風に英単語を作ります。

何の学習的意味があるのかな~と、

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育

【2009/09/28 12:06】 | ワード・ブレンド | トラックバック(0) | コメント(0)
神経衰弱ゲームで動物の英単語を覚えよう!
この前の英語ゲームで、動物の英単語を覚えたところ(!?)なので、同じ動物の英単語を使った、別の英語ゲームをやってみます。

同じくECCジュニアさんのホームページにある神経衰弱ゲームです。

「小学校英語・英会話コース」を選択すると、Concentrationと書かれた英語ゲームがあるので、クリックしてみてください。

動物の英単語のほかにも、のりものなどいろいろな英単語のジャンルがあります。

今日は、動物の英単語をクリックしてみます。
この英語ゲームでは、うれしいことに、レベルを選択できます。

「かんたん」「ふつう」と「むずかしい」の3段階です。

低いレベルを選択すると、カードの枚数が減らされます。

そうすれば、当てやすくなりますよね。

さて、さっそくカードをクリックしてみましょう。

動物の絵と英単語が書かれたカードをめくると、その英単語英語ネイティブ発音で読み上げられます。

ゲームの要領はふつうの神経衰弱ゲームと一緒です。

見事カードを当てると「great!」というお褒めの言葉を英語でいただきます。

でも、間違えると、

Try again!

と励ましの言葉をかけられるので、全部当てるまでがんばってやって見ましょう。

幼児向けの動物あて英語ゲームだと、簡単すぎると感じたら、これをやってみるとがいいかと、思います。

もう少し、カードの絵と英単語が大きく書かれているともっと楽しいのに、と思います。

テーマ:英語ゲーム - ジャンル:学校・教育

【2009/09/21 16:25】 | 子供向け | トラックバック(0) | コメント(0)
動物あてゲーム
ECCジュニアさんのホームページにある「だれがかくれているのかな?」という英語ゲームをやってみます。

森の画面をクリックすると、動物の鳴き声が聞こえてくるので、

何の動物か考えて、動物をクリックします。



すると、「セイカーイ」という声がして、英語で動物名が聞こえてくる、というもの。

とってもシンプルな英語ゲームだと思います。

鳴き声と絵柄と耳で聞こえてくる英単語のマッチングだけ、

というものなので、とっても単純。

欲を言えば、英単語スペルが出てきてくれると、

目でも英単語を確認することができてよかったかも。

もちろん幼児向けなので、すぐにはアルファベットを認識できるわけではありませんけれど、

一度目にする機会を与えるという意味で、スペルがほしかったですね。

それと、「セイカーイ」という声は、おそらく日本語ネイティブではない方が話しておられるという発音で、ちょっといただけないかも。

わざわざアクセントのある日本語の発音を聞かせなくても....という気がします。

テーマ:英語ゲーム - ジャンル:学校・教育

【2009/09/15 17:55】 | 子供向け | トラックバック(0) | コメント(0)
色の名前を覚える英語ゲーム
色の英単語を自然に覚えられる英語ゲームです。

「ディズニーの英語システム」さんのホームページにあります。

英語ゲームの名前は、

「ポンポンちゃんと一緒に塗り絵しよう」(Coloring with Pompom」


ポンポンちゃんというパンダが出てきて、絵を描いてくれるので、

自分の好きな色をピックアップしてその絵を色をつけるのです。



この英語ゲームがいいな~と思うのは、

ただ色の名前の英単語を覚えるのだけではなくて、

塗り絵が終わるまでの英語のやりとりが、短いながらも

きちんとした英文

インタラクティブに構成されているところ。

ポンポンちゃんが書いている絵は何かしら?

塗り絵をしましょ♪

色を選んで!


などという英語の質問や指示があって、

子供さんがそれに応答しないと先に進まないようになっています。

そして聞こえてくる英文も、色を塗る前と後で、より複雑な英文に進化しているのです。

「進化している」というと大げさですが、

It's a hat. → It's a yellow hat.


という具合に、「帽子」が「黄色い帽子」に変化していて、

色をあらわす英単語英文ではどこに位置するかを

自然に覚えるように工夫されています。

子供向け英語ゲームとは言え、なかなか侮れません。



そして、一番いいな~と思うのは、

絵に色をつけてもらったポンポンちゃんが最後に

Thank you.
というところですね。

日本人ってあんまり「ありがとう」と言葉に出していいませんし、

日本語を話しているときは、そういう文化なので、それでいいのですが、

英語の文化の中では、本当によくThank youを使うので、

英語を話すときは意識してThank youを言わないと、

自分の知らないうちに、いやな感じの人と思われてしまいます。

でもこの英語ゲームでは、

塗り絵遊びのちょっとしたやりとりの中で、

何かしてもらったら、Thank youを言う、という

英語の文化がきちんと盛り込まれていて、

これはかなり使える、と思いました。

無意識のうちに条件反射のように、Thank you の使い方を

体得できてしまうのですから。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント

テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育

【2009/09/10 12:47】 | 子供向け | トラックバック(0) | コメント(0)

PR

あそんだゲーム


FC2 Blog Ranking

おすすめエントリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。