英語ゲーム日記
ひまつぶしに英語をマスターしたい、と考えるものぐさな人と、 ゲーム感覚で英語を学習したい、と考える殊勝な人のために。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ハングマンを教室deゲーム
ハングマンを教室や自宅などで英語ゲームとして使いたい場合は、どんな風にしていますか。

いろいろな使い方がありますが、

まず、1対多数の場合。

これは「一人の生徒」対「他の生徒」でもいいですし、

「先生」対「生徒全員」でも使えます。

一人の方が英単語の問題を出す側、多数の方が答える方です。

問題の英単語を考えたら、小さな紙に書いて見えないように伏せておきます。

黒板にアルファベットの数だけ、ボックスや下線を書きます。

             

ゲームの始まりです。

出題者は黒板の前に立って、回答者側に答えを促します。

回答者側はこれぞ、と思うアルファベットを言います。

そのアルファベットが問題の英単語の中にあったら、それを書き込みます。なければ ハングマンの絵をひとつずつ書いて行きます。



ハングマンが出来上がるまでに答えが出れば、回答者の勝ち、

ハングマンが完結してしまえば、出題者の勝ちです。



スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

【2007/07/02 11:40】 | ハングマン | トラックバック(0) | コメント(0)
<<フラッシュカードのテスト | ホーム | 英語口ってナンだろう?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://englishgames.blog105.fc2.com/tb.php/43-126fdb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR

あそんだゲーム


FC2 Blog Ranking

おすすめエントリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。