英語ゲーム日記
ひまつぶしに英語をマスターしたい、と考えるものぐさな人と、 ゲーム感覚で英語を学習したい、と考える殊勝な人のために。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自分で英単語を設定できる!
ご紹介しているワード・サファリですが、 ワード・ゲームとして優れている点があります。

前の記事は、こちらこちら

英語学習者としても、英語指導者としても、役に立つ機能が付け加わっているんですね。



それは、ゲームが提供する英単語だけではなく、自分が学習したい、または指導したい英単語を登録できる、という機能です。

ワード・サファリ自体もすでに3つのレベルを提供しています。

でも、今度の課で出てきた英単語を勉強させたい、とか、自習したい、とかいう場合には、一度に7つまで英単語を登録することができるんです。



これは便利ですよね。

クラス単位で英語を指導している場合、例えば、今日学ぶべき内容や英単語を導入・指導して、ワークシート(プリント)を与え、それができた子からこのワード・サファリで遊んでいいなどというように、ご褒美として与えることができます。

「自分で英単語を7つ決めて、出題していいいよ」などといって主体性を伸ばす工夫をしても、子どもたちは喜んでくれるでしょう。



クラスの一角にコンピュータがないとつかえないわざですが、夏休み中の自宅学習で、ご両親が指導するような場合には、息抜きに取り入れてあげてほしいワード・ゲームのひとつです。
スポンサーサイト
【2007/07/30 12:04】 | ハングマン | トラックバック(0) | コメント(0)
<<TextTwistで英単語を増やす | ホーム | ワード・サファリの障害物>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://englishgames.blog105.fc2.com/tb.php/60-0ed72d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR

あそんだゲーム


FC2 Blog Ranking

おすすめエントリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。